妊娠の恐怖を免れる方法

72時間以内なら妊娠を免れることができる方法をご紹介します。

妊娠しているか不安な女性 妊娠しているか不安な女性

ピル服用中の薬の併用について

事前にピルを服用中だということを医師に伝えておくことが必要ピル服用中には、薬の併用に気をつける必要があります。市販の薬や目薬やシップ、坐薬などの外用薬は、併用しても問題ありませんが、病院で処方してもらう内服薬の中には、併用すると効果が下がったり、作用が強くなる薬もあります。これを相互作用といい、現在までに相互作用が分かっている薬が何種類かありますので、処方してもらう場合は、ピルを服用中であることを医師に伝えてください。持病等で服用中の薬があり、新たにピルを処方してもらう場合にも、その旨を伝えて医師の指示に従ってください。
よくある併用で、相互作用についての注意が必要な薬は、次の薬です。
抗生物質のうち、ペニシリン系とテトラサイクリン系は、ピルの効果を下げるので、別の種類にします。副腎皮質ホルモンのうち、内服薬の場合は副腎皮質ホルモンの作用が強まりますので、服用量の調節が必要です。喘息の薬「テオフィリン製剤」は、テオフィリンの効果が強く出ることがあるため、服用量の調節が必要です。
この他、抗けいれん薬、向精神薬のバルビツール酸系製剤、免疫抑制薬などはピルの吸収を妨げて効果が下げます。場合によっては、ピルの服用を中止して、他の避妊法を使った方がいいケースもありますので、医師に相談してください。
サプリメントについてはほとんど問題ありませんが、唯一注意したいのが、「セント・ジョーンズ・ワート」を含んだサプリメントです。セント・ジョーンズ・ワートは、ピルの吸収を悪くしますので、サプリメントを飲む場合には、この成分が含まれていないか確認してください。ダイエット茶などに、よく含まれています。歯医者の治療の局所麻酔は、ピルとの相互作用はないので問題ありません。