妊娠の恐怖を免れる方法

72時間以内なら妊娠を免れることができる方法をご紹介します。

妊娠しているか不安な女性 妊娠しているか不安な女性

ピルを使うなら喫煙をやめるというのは品川だけではない

ピルを使う女性が多くなってきています。
いまやすっかり市民権を得た状態になっています。
とりわけ、低用量ピルは、妊娠回避だけでなく、生理不順や子宮内膜症、プレ更年期症状などの治療にも役立ちますので、クリニックでも積極的に使っているところが多いです。
東京の品川のクリニックでも、事情は同じでした。
ただし、ピルの使用に関して注意を要する点は、喫煙者が使うことです。
原則的に、35歳以上で1日15本以上吸っている人には、ピルの処方は禁じられています。
ピルとタバコの相性が良くないのは、いずれも、血栓症の恐れが高くなるからなのです。
血栓症というのは、血液の塊が血管に詰まって、心筋梗塞や脳梗塞などといった重篤な症状を引き起こす危険性が高いです。
ですから、本来は、ピルを飲むのであれば、喫煙をやめることが前提になってきます。
ただ、ニコチン依存症のため、直ちに禁煙ができないという人は、最初の段階として、本数を減らすところからスタートします。
もちろん、リスクがあることは同じです。
とりわけ、40歳以上の人は、血栓症の危険性が高くなりますので要注意です。
そもそも、喫煙は、健康被害はもとより、肌をくすませたり、歯と歯の間がどす黒くなるなど、美容面でもマイナスに働きます。
もし、妊娠することとなったら、体内に残存したニコチンがどんな悪影響をもたらすか、予想の限りではありません。
自分と赤ちゃんの健康を守るという意味合いからも、一日も早くタバコを断つことが求められます。
品川でも、公共の施設ではほとんどが全面禁煙とされています。
受動喫煙を避けるという趣旨からも、どの自治体も禁煙には意欲的です。
この動きは品川だけに限らず、ほぼ日本全国の各地に広がっていくことでしょう。