妊娠の恐怖を免れる方法

72時間以内なら妊娠を免れることができる方法をご紹介します。

妊娠しているか不安な女性 妊娠しているか不安な女性

アフターピルを使用する際は服用時間を守る

アフターピルは服用時間を守らないと避妊効果が表れないこともアフターピルとは、性交渉後に服用する避妊薬です。
妊娠を望んでいないにもかかわらず性交渉をしてしまった場合や、性交渉時に避妊に失敗してしまった場合などに服用されます。
アフターピルを使用する際には、服用時間を守る必要があります。
具体的には、性交渉後の72時間以内に1回目の服用をします。
服用が早ければ早いほど、避妊できる可能性は高くなります。
そして1回目の服用のちょうど12時間後に、2回目の服用をします。
服用する量は、1回目も2回目も2錠ずつです。
この時間を守らなければ、避妊効果が出ないことがあります。
アフターピルを服用することで排卵のタイミングを遅らせることができるのですが、1回目に服用する時間が遅いと、ピルが効果を発揮するのを待たずに排卵が起こってしまいます。
排卵が起こると、精子と結びついて受精卵となってしまいます。
そしてそれが子宮に着床すると妊娠となるのですが、2回目のアフターピルを時間通りに服用していると、着床が妨げられます。
つまり卵子が受精卵となっても妊娠しないわけです。
しかし服用時間が遅れると、やはりピルの効き目が出るよりも早く着床してしまいます。
このようにアフターピルの服用には、時間を守ることが非常に大事なのです。