72h例えば、性交中にコンドームが破れたり、最初からコンドームをつけずに性交を行ってしまった場合、もちろん妊娠する可能性があります。
しかし、そうした行為からピルを72時間以内に服用すると妊娠を回避できることがあります。
具体的には、緊急避妊薬を服用する方法と、中用量ピルを使う方法、低用量ピルを用いる方法があります。
ノルレボという緊急避妊薬を服用する場合には、これを2錠服用します。
他の方法と比べてやや高額ですが、1度の服用で済む上に副作用が一番出にくいと言われています。
緊急避妊薬以外の方法では、行為後72時間以内に1度目のピルを服用し、1度目の服用後の12時間後に2回目の服用をします。
中用量ピルのプラノバールの場合は1度目2度目にそれぞれ2錠ずつ合計で4錠を服用します。
低用量ピルのマーベロンの場合はそれぞれ3錠ずつ合計6錠、トリキュラーやトライディオールやアンジュの場合には、4錠ずつ合計8錠服用します。
もちろん飲み忘れ防止のための偽の錠剤では効果がありません。
自己判断で服用せずにまずは産婦人科で診察を受けましょう。
低中用量ピルを用いた場合には特に吐き気や腹痛などの副作用が出ることがありますが、もしピルが効かなかった場合でも胎児の健康に悪影響はないと言われています。
こうした方法で妊娠を回避できる確率は7割5分から8割ほどとされています。
必要となる費用はどの薬を使うかによって異なりますが、大体3千円から2万円程度です。
望まない妊娠をしてしまった場合、中絶となるとその後の妊娠が不可能になることもあるなど、後々まで残るダメージを心と体に負うことにもなりかねません。
緊急避妊でピルを用いる方法(アフターピル)も完璧ではないので、日頃から避妊対策をしっかりとし、万が一の時に備えてピル 通販し常備薬としてストックしておくことが大切です。